髙品 綾野(たかしな あやの)- ソプラノ歌手

東京藝術大学声楽科卒業。
3年次に安宅賞、卒業時に同声会賞を受賞。
同大学院修士課程音楽研究科オペラ専攻修了。修了時に大学院アカンサス音楽賞を受賞。
二期会オペラ研修所60期マスタークラス修了。修了時に優秀賞を受賞。
第32回ソレイユ音楽コンクール第1位、音楽現代新人賞受賞。
第52回日伊声楽コンコルソ第3位。
第29回市川新人演奏家コンクール最優秀賞受賞。
第1回マルゲリータ・グリエルミ声楽コンクール一般部門第2位。
『フィガロの結婚』伯爵夫人、『椿姫』ヴィオレッタ、二期会本公演プッチーニ「三部作」より『修道女アンジェリカ』オスミーナを演じる。ベートーヴェン「第九」、フォーレ「レクイエム」等のソプラノソリストを務める。
これまでに声楽を関端絵里、竹村靖子、直野資、菅英三子の各氏に師事。
二期会会員。
 





第11回 名コン出演者


人生に戦略を。

ページ上部へ戻る